カードローンでお金を借りる時は金利の安いところから借りるべし

お金を借りる時の1つの手段として、カードローンがあります。
当然の話しですが、カードローンで借り入れをしても利息が必ず付きます。他の借金と変わりません。
カードローンが他の借金と違うところは、借り入れ枠内であれば、借金する際にその都度審査を受ける必要がありません。
他の借金であれば、例え順調に借金を返済していたとしても、再度お金を借りる際は審査が必要になることもあります。
カードを持っておけば、使用用途を問われることなく借り入れできる、便利なキャッシングです。

一言でカードローンと言っても、さまざまな貸金業者がカードローンを展開しています。
消費者金融だけでなく、銀行もこのサービスを提供しているところがほとんどです。

同じ『カードローン』という名前で、同じ『お金を貸し借りするためのカード』
どれも同じであるように思えますが、実は会社によって利息が大きく異なります。

この『利息』は借金においてとても重要な問題です。
金利が高すぎる場合、元本よりも利息として払う金額の方が多くなってしまうことがあります。

なので、借金をする時は、もし親や兄弟、親戚から借りることができるのなら、カードローンよりも貸金業者よりも、そちらを選択した方がいいでしょう。利息が付かないからです。

それが無理であれば利息が安いところを探すべきです。
金利の高いカードローンを契約してお金を借りるのは、最悪のパターンと言えるでしょう。
カードローンは何度も貸し借りを繰り返すシステムですから、利息が高いとなると、何度もその利息を払わなければならないことになります。
小さい差でも、それを繰り返すと大きな差が出てくるでしょう。

そうした観点から考えて、利息の高いカードローンしか契約できないのであれば止めておくべきです。

利息が高い・安いはどうやって見抜くのか

利息の高い・安いの判断基準は、『利息制限法の制限利息を超えているか否か』という部分でしょう。
ただし、利息制限法の制限利息は決して安くありません。
制限利息ぎりぎりの設定の場合、立ち止まって考える必要があります。

消費者金融が展開しているカードローンの場合、制限利息ギリギリの設定であるカードも少なくありません。
できることなら、銀行のカードローンを申し込むべきでしょう。

消費者金融のカードローンを総量規制限度額まで使い切ってしまったという場合、他の消費者金融でのカードローンは契約できなくなります。
しかし、銀行のカードローンは総量制外扱いとなっています。

なので、限界まで借金をしたいのであれば、消費者金融と銀行のカードローンを2枚持っておけばいいということになります。

ただし、総量規制以上にお金を借りてしまうことは返済の破綻に繋がります。
金利に関わらず、カードローンは1枚までにしておくのが賢明でしょう。

このページの先頭へ