返済時のことを考えてからお金を借りる

至極当然の話ですが、借りたお金はいつか必ず返済する時がきます。

お金を借りる時、借りることに気を取られすぎて、返済のことを全く考えていないという人葉少なくありません。
ほとんどの借金トラブルは、こうした意識が要因と言ってもいいでしょう。
借金は贈与ではありません。借りているだけです。借りている以上、いつかは必ず返さなければなりません。

お金を返さなかった場合、借りた人は『債務不履行責任』という責任を負います。
特約として、契約書に『返済期日までに返済されなかった時の損害賠償額の予定』もしくは、『契約違反した場合の違約金』などの定めが入っていることがあります。
消費者金融や銀行などの業者からの借り入れであれば、必ず入っているでしょう。

ここで定められる損害賠償額は、利息制限法の制限利息である1.46倍を超えない限りは有効です。

元金や利息と別に、損害賠償としてこれを貸している側に支払わなければなりません。

分割払いで返済をする予定で、月々の支払いを滞納した場合、貸した人は「何月何日までに支払ってください」という催告を出すことができます。

この催告を無視して期日までに支払わなければ、契約は解除されてしまいます。
分割払いの契約解除とは、すなわち返済手段の変更です。この時点で、貸した側が残金の一括全額返済を要求すれば、それを支払わなければいけません。

借金の返済が滞るということは、さらに借金の返済を重くするということに繋がるのです。

返済義務は簡単にはなくならない

友人からの借金であれば、業者のような取立てはありません。踏み倒すことも難しくないでしょう。
しかし、そういうことをしていては、いずれ周囲からの信用をなくして行き詰まってしまいます。

消費者金融や銀行などの貸金業者からの借金の場合は、逃げきれないと考えておいた方がいいでしょう。
確かに、返済を一定期間以上放置しているのに貸している側からの請求もなければ、借金の時効がいつか訪れます。

しかし、貸金業者は、時効を中断させる手段を知っています。
もちろんその手段を取ってきますから、永遠に時効は成立しません。

「いつか時効が来るはずだ」とたかをくくって返済を放置しておくと、訴えられることになるかもしれません。
そうなると、給料の差し押さえ、財産の強制競売といった形で返済を迫られます。

どうあがいても、借金をすれば返済から逃げることはできません。
なので、返すあてのない借金は絶対にしない方がいいでしょう。

このページの先頭へ