絶対に返済できる日を期日に設定する

借金をする時は、必ず返済する計画を立ててから借金をしましょう。
お金を借りれば、必ず返済しなければならない日がいつかきます。
お金を借りる時点で、『返済期日までに返済することができるのか』という判断が必要になります。

収入や出費などから自分の返済能力をしっかりと考えて、返済計画表を作るぐらいでちょうどいいと思います。
返済計画表を作る際に、月々の返済額、そして『どのくらい利息が付くのか』を計算してなければいけません。
それを計算して、期日までに返済ができない計算になったのであれば、返済期日を先に延ばしたり、借金することを諦めたりということを考えましょう。

『借りてしまえば、なんとかなる』といった考えでは、必ず破綻する日が来ます。

お金を借りる時には、返済に関していくつか決めておくべきことがあります。


1.返済方法の決定上がります。

返済といっても、一括返済なのか、分割返済なのか。分割返済を選択するのであれば、何回で返済するのか……そういったことを決めなければなりません。
借金額が少なければ、一括返済でも問題なく返せるでしょう。
ただし、一括返済を選択するのであれば、確実に返済期日までに返済できるだけの収入があるという場合だけにしておきましょう。
少しでも金額が大きいと思えば、分割にした方がいいでしょう。
分割払いにする場合にも、毎月期日前には収入が確実に入り、余裕を持って支払いができるように回数・期日を設定しなければなりません。


2.返済できる額を決める

安定した収入があるのであれば、その毎月の給与から、家賃・食費・クレジットカードの支払いなど、固定費を差し引いた残りの金額が『毎月の返済できる額』となります。

この時計算する給与には、残業代や特別な報酬を含めてはいけません。
また、生活を最低限に切り詰めた計算で生活費を算出するのではなく、突然の出費などを考えて、ある程度余裕を持って算出しておきましょう。

こうして算出した額以上の返済が必要な借金は、返せないと考えるべきです。

自営業者など安定した収入がない人の場合は、現在、受注している仕事の報酬を基礎として考えましょう。
必要な生活費などの固定費を差し引き、返済できる金額を計算します。
まだ受注していない、『する予定』の仕事の報酬は計算に入れてはいけません。確実な収入だけを計算に入れてください。


3.年収から見る分割払いの返済可能額

分割払いでお金を借りた時、毎月どのぐらいまでの返済が可能だと思いますか?
一般的には、年収に応じて可能である年間返済可能額は以下の通りだと言われています。

・年収300万円未満:年収の25%まで
・年収300~400万円:年収の30%まで
・年収400万円以上:年収の35%まで


これは年間返済可能額ですので、毎月の返済として考えるとこの数値の12~13分の1程度が限度でしょう。

お金を借りる時には、この数値を基準に返済可能かどうかを考えてみてください。
どんな形の借金であれ、この数値を超えれば返済不可になる可能性がぐっと上がります。

このページの先頭へ