長期ローンは1年ごとに見直すべき

・長期ローンは金利に少しの違いがあっても大きな損失となる
借金は、返済完了までの時間が経っていくほど利息額が増えていきます。
借入額が少ないなど特別なケースを除いて、通常の住宅ローンなどの借り入れ期間は長期であるため、利息額も非常に多くなります。
年利5%・期間35年という長期ローンの場合、利息の支払い額は元金を超えてしまいます。
そしてローンの期間が長ければ長いほど、利率の違いによって利息の支払い額も大きく異なります。

住宅ローンなどの長期ローンを組んだ時期によって、発生する金利に違いがあります。
時には、5.5%ほどの年利が発生したケースもありました。
景気の低迷によって金利も下がり、3%ほどの年利も現在では当たり前になっています。
2000万円の元金を期間35年・年利5.5%でローンを組んだ場合と、年利3%で組んだ場合を比較すると、支払い合計額の差は1000万円を超えます。
これだけの利息額を支払わずに済むのであれば、さらに有効な用途が存在するはずです。

・長期ローンの借り換えについて
現在支払い途中である長期ローンが高金利で、低金利のローンへの借り換えが可能であれば、先述したとおり支払い合計額は大きく減少します。
長期ローンの代表例である住宅ローンは、担保能力に余裕があれば別ローンへ借り換える事ができます。
要するに、すべての借入残高を決済したうえで新たに借り入れるため、住宅が新たな借り入れを可能とする担保価値をもっていれば問題ありません。
しかし、不動産業界の景気が低迷している中、多額の借入残高があり価値も暴落している住宅は借り換えが不可能でしょう。

・長期ローンの一部を繰上返済または条件変更する
長期ローンは、たとえ低金利であっても長期間の借り入れであるため、利息額が多くなります。
そこで、極力短期間にする事で支払い合計額を減らす事もできます。

短期間の借り入れにするためには、ある程度の余裕を確保できた際に繰上返済を行います。
繰上返済によって元金が減り、その分だけ利息の額も減るわけです。
繰上返済を行う余裕のある資金がない場合、条件を変更する事で1ヶ月あたりの支払い額を増やし、支払い合計額を減らす事が可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ