『お金を借りる』という行為は、とても不安を覚えるものです。

返済できなければどうしよう……
怖い取立てがあったらどうしよう……

そうした不安が必ず付きまといます。
こうした不安があるのはとても正常なことです。不安を持たずにお金を借りれるようになってしまえば、経済破綻は近いと考えておいた方がいいかもしれません。

こうした不安を解消するために必要なことの1つは、『自分がこれから借りようとしている金額が本当に返済できる金額なのかどうか』ということです。
現在は総量規制の関係で、年収によって借りられる金額に上限があります。よって、1社だけで普通に借り入れをする程度であれば、返せなくなるということはそうそうないでしょう。

しかし、総量規制外の借金をして身の丈以上の借り入れをしてしまったり、闇金などの違法な貸金業者から多額の借り入れをしてしまうと、話は違ってきます。

もし今すぐにでもお金が必要な場合は、まず、本当に必要としている金額を正確に算出することです。
少しだけ多めに借りておこう。念のため余分に借り入れしておこうというのは何度も借り入れ経験のあるキャッシング上級者の考え方です。
初めて、2回目程度の方は、できれば最低限度にとどめておきたいところです。

総量規制対象外となる銀行のカードローンは最大貸付金額が500万円を超えるようなサービスもありますが、まずは控えめに申し込むことがコツです。

すべては、借りたお金をきっちり返済できるために

これだけ借り入れ額について、うるさいほどに書くのには、やはり返済時のことを考えてのことです。
どうしても早くお金を借りたい。
お金を借りるならどこがお得?ということだけを考えがちで、金利や返済方法などについては、頭から飛んでしまいがちです。

各ページで、借金計画を立てる際に必要な知識や考え方を紹介していますので、参考にしてください。

そしてもう1つ、借金への不安をなくすための手段は、借金に関する法律をしっかりと知っておくということです。

現在では貸金業者を規制するさまざまな法律が施行されています。借金をした人がそう簡単には破綻しないようになっているのです。
こうした法律を知っておくことによって、その貸金業者がきちんとしているかどうかといった判断が自分でできるようになります。

借り入れに慣れてくると、複数の業者から借り入れをするようになることもあるでしょう。
現実にはそれで返済に行き詰まり、違法業者に申し込んでしまうという人も少なくありません。
モグリの業者からは借りないためにも、借金の法律に関して解説しているページもありますので、ご参照ください。

借りる前に知識を仕入れておくことで、返済生活をかなりラクにすることができます。
面倒がらずに、しっかりと勉強しておきましょう。

このページの先頭へ