金利が高い借金から優先的に返済する

金利が高い借金を長期化させる事は危険である

いくつかの貸金業者・金融機関から借金をして、すべての借金を期限までに返済する事が困難になった場合、いずれかの借金の返済を後に回す事以外に方法はありません。
このような事態に陥った場合は、各借金に発生している金利を再確認して、高金利の借金を優先的に返済しましょう。
これにより、余計な金利を支払う必要がなくなります。

通常、借金の金利は月利・年利で決定されます。
それを1日ごとに換算して、実際の借り入れ期間をかけた額が利息となります。
つまり、利息額が多額になるか少額になるかは、借り入れの額・期間・利率によって決定されます。

いくつかの業者・機関から借金をすると、それぞれ金利も異なります。
高金利の借金を後回しにすると、より多額の利息を支払わなければいけません。
このような場合、支払い合計額を極力抑えるために、高金利の借金を優先的に返済していく必要があります。

返済までの期間が長い借金は繰上返済のシステムを利用する

返済完了までの期間が長ければ長いほど、支払う利息の合計額は増え続けます。
借金後に余裕が生じた場合、返済額をなるべく多くするべきです。
それによって、返済完了までの期間をカットする事ができます。

貸金業者・金融機関からの借金の場合、指定された1ヶ月あたりの支払い額は、支払い日までの利息と元本にそれぞれ振り分けられます。
支払い額が指定された額を超過している場合、超過した分は元金に組み込まれる事になります。
支払いの超過があればあるほど元金の残高が少なくなり、その分だけ翌月以降の利息額も減ります。
想定外の収入やボーナス賃金などは極力繰上返済に回し、なるべく早いうちに元金の残高を減らすようにしましょう。

住宅ローンのような多額の借入で返済までの期間も長い場合は、条件を変更する事で1ヶ月あたりの支払い額を増やし支払い合計額を大幅に減らす事が可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ